リウマチ膠原病内科

リウマチ・膠原病について

当院でフォローしている主な対象疾患は、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、混合性結合組織病、血管炎群(顕微鏡的多発動脈炎、結節性動脈炎、高安病など)、シェーグレン症候群、成人スティル病、多発性筋炎、皮膚筋炎、ベーチェット病、リウマチ性多発筋痛症、乾癬性関節炎、強直性脊椎炎などです。
関節リウマチや膠原病は診断が難しいことも多く、当院では関節エコー検査を用いることで早期診断を行えるように取り組んでいます。
また、治療に関しても、関節リウマチや乾癬性関節炎などに対する生物学的製剤(レミケードやオレンシアなど)を積極的使用することで早期の寛解を目指します。
また、全身性エリテマトーデスや血管炎に対しても、患者に合わせた免疫抑制療法を行っております。

関節リウマチとは

関節リウマチの患者様は日本で約70万人程度いるといわれ、40~50歳台が好発します。自覚症状として関節の腫れ(腫脹)、関節の痛み(疼痛)が出て、放置していると関節破壊をきたす疾患です。

関節リウマチを疑う症状

手や足を中心に関節の腫れ、痛みがある。関節がこわばる。微熱、倦怠感がある。指がむくんでいる。洋服のボタンを外すのに手間取り、リボンなどやひもなどが結びにくいなどです。

関節リウマチの検査

関節リウマチを診断するために用いる検査として、抗CCP抗体やリウマチ因子などの血液検査、関節のレントゲン、関節エコー検査などがあります。血液検査やレントゲン検査では異常がなくてもエコー検査で関節炎が見つかる場合もあります。
治療効果判定や重症度を見る検査として、CRPなどの血液検査や関節エコー検査などがあります。

関節リウマチの治療

関節リウマチの治療は、リウマチ薬などを用いて寛解という状態にすることが目標です。リウマチ治療は痛みをとることに加えて、関節の破壊を抑える必要があります。また、薬以外には、リハビリテーションや手術を行うこともあります。患者様の状態に合わせた治療を行うことが重要です。
関節リウマチ治療薬には抗リウマチ薬、生物学的製剤などがあり、当院では患者様に合わせた治療を行っております。

リウマチ看護外来

当院では、生物学的製剤の自己注射の指導を行っております。
リウマチケア看護師に相談してください。

膠原病とは

膠原病とは、免疫に異常をきたし全身の臓器に慢性的な炎症をきたす自己免疫性疾患の称です。全身性エリテマトーデス、強皮症、血管炎などが代表的な疾患です。

膠原病を疑う症状

膠原病は疾患によりさまざまな症状を来します。関節の痛みが持続する、熱が続く、皮疹がでる、日光過敏が見られる、口内炎ができる、目や口が乾く、足がむくむなどです。

膠原病の検査

膠原病の検査は、抗核抗体やリウマチ因子などの血液検査、検尿、レントゲン、CT検査などを行い診断します。また、治療効果や副作用が出ていないかどうかの検査も定期的に行う必要があります。

膠原病の治療

膠原病の治療は、ステロイド療法、免疫抑制療法などが中心となります。病気の種類・重症度によって、治療方針が違いますので、主治医と相談の上、治療薬を決定することが重要です。

ご不明なことがございましたら、リウマチ膠原病内科に相談してください。

リウマチ膠原病内科 診療時間

午前の診療9:00〜12:00
午後の診療13:00〜15:30

※受付時間は15分前となります。

リウマチ膠原病内科 外来担当医一覧

診療時間
午前吉田吉田
(予約)
石田
午後吉田

 関節エコー外来:水曜日15時30分~

リウマチ膠原病内科 担当医のご紹介

リウマチ膠原病内科 部長
吉田 周造

・日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医
・総合内科専門医

リビングくらしナビに記事が掲載されました。

石田 貴昭

・日本リウマチ学会 リウマチ専門医

吉川 紋佳

・日本リウマチ学会 リウマチ専門医・指導医