整形外科

整形外科について

 整形外科では、骨折、捻挫、脱臼等の外傷をはじめ、肩こりや腰痛、肩・ひじ・膝等の関節痛、手足のしびれや筋肉痛など小児から高齢の方までの様々な疾患の診断・治療を行っています。また、各種スポーツ障害、外傷にも対応しています。
 骨粗鬆症の診断・予防・治療に関しては、「骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン」に沿って、腰椎と大腿骨近位部の骨密度をより正確に測定できる骨密度測定器(DXA法)を導入しています。将来的に、骨折による寝たきりを予防するためにも、骨粗鬆症の診断・治療が重要です。
 小手術、五十肩に対するサイレント・マニピレーション(神経ブロック下授動術)、脳卒中後などの痙縮(手足のこわばり)に対するボツリヌス注射などにも対応しています。

 病んだ腱靱帯や軟骨に対し、ご自身の血液を利用した再生医療であるPRP療法を開始しました。

<PRP療法とは>
 PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法とは、自分自身の血液を遠心分離して抽出したPRPを体の痛んでいる部位に注入し、自己修復機能を活用して、修復をサポートする再生医療です。
 最近では、多くのプロスポーツ選手がPRP療法を選択し、関節や腱などの治療法として注目されています。

<PFC-FD療法>
 当院で採用しているPFC-FD(Platelet-Derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)療法は、このPRPから成長因子を取り出し、凍結乾燥(フリーズドライ)したものです。
 このPFC-FDに含まれる成長因子が、体の痛んだ組織の治癒や炎症を静めることが期待されます。

<効果が期待される疾患>
 変形性膝関節症、半月板損傷、上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎、膝蓋靱帯炎、アキレス腱炎、足底腱膜炎など

<治療の流れ>
 問診・診察 → 採血 → PFC-FD作成(約3週間) → 患部へ注入

<費用> 
 自由診療となり、保険適用ではありません
 PFC-FD注射費用  165,000円(税込)

整形外科 診療時間

午前の診療9:00〜12:00
午後の診療 

※受付時間は15分前となります。
※担当医師の都合等により、診療時間の変更・休診の場合がございますのでお手数ですがご来院当日にお電話でご確認ください。

3/31 受付終了11:00まで

整形外科 診療担当表

診療時間
午前 町田明敏 町田明敏
町田明敏
町田明敏
町田明敏
担当医
午後

※急患の場合は来院前にお電話をお願いします。
枚方市駅からお越しの方は京阪バスをご利用下さい。

整形外科 担当医のご紹介

整形外科 部長
町田 明敏
  

●卒業:大阪大学
●日本整形外科学会
  専門医、リウマチ医、運動器リハビリテーション医
●日本リウマチ学会 専門医
●日本スポーツ協会公認 スポーツドクター
●日本骨粗鬆学会 認定医
●日本リハビリテーション学科 認定臨床医

まずは、何でも御相談下さい。