内科

内科について

「最近体調がすぐれない」「胃がもたれる」「疲れやすい」など少しでも体に変化あれば早めの受診をお勧めします。
こんな症状で病院に行ってもいいのかな?と悩まれずどんな些細な変化でも気軽に担当医にご相談ください。
内科では患者様の些細な変化に耳を傾ける診察を行っています。

内科 診療時間

午前の診療9:00〜12:00
午後の診療13:00〜15:30
夜間の診療18:00〜20:00

※受付時間は15分前となります。

内科 外来担当医一覧

【午前診療】

曜 日
1診片岡木村吉田寺﨑武田伊藤
 一般内科
リウマチ
膠原病
リウマチ
膠原病
予約制
循環器内科一般内科
消化器内科
 
2診吉田片岡木村武田 木村寺﨑
一般内科
リウマチ
膠原病
 一般内科
リウマチ
膠原病
一般内科
消化器内科
一般内科
リウマチ
膠原病
 
3診寺﨑寺﨑浮村
循環・予約制循環・予約制 予約制  
4診長江渡邉本田
 糖尿病
予約制
糖尿病
予約制
   

【午後診療】

曜 日
1診武田吉田吉田渡邉片岡
一般内科
消化器内科
一般内科
リウマチ
膠原病
一般内科
リウマチ
膠原病
糖尿病
予約制
総合内科 
2診
      
3診寺﨑寺﨑(予約制)西田
禁煙・予約制 睡眠時無呼吸
肥満外来
14時~15時
 循環器内科
予約制
 
4診本田
      

【夜診】

担当医宮村担当医担当医担当医

※急患の場合は来院前にお電話をお願いします。
枚方市 駅からお越しの方は京阪バスをご利用下さい。

内科 担当医のご紹介

副院長
片岡 伸彦

●卒業:大阪医科大学
●日本内科学会認定医
●日本人間ドック学会 人間ドック専門医
●日本糖尿病協会療養指定医
●労働衛生コンサルタント
●日本医師会認定産業医
●日本医師会認定スポーツ医
●日本内科学会会員
●日本糖尿病学会会員

みなさんこんにちは、平成21年4月より、内科で診察を行っております。体調がすぐれない時、健診等でひっかかった時、糖尿の事が気になった時など、気楽に当院内科を受診して下さい。あなたにあった検査、処方等を提供させて頂きます。

循環器内科 主任部長
寺﨑 由香

●卒業:大阪医科大学
●日本内科学会総合内科専門医
●日本循環器学会会員

外来に来ることが難しい方や、できるだけ自宅で療養したい方も自宅にお伺いして診療致します。“持病あれば元気で長生き”をモットーに頑張ってまいります。よろしくお願い致します。

消化器内科部長
武田 直久

卒業:兵庫医科大学
●日本内科学会 認定医
●日本消化器内視鏡学会 専門医
●日本消化器学会 専門医

平成28年4月より消化器疾患を中心に総合内科の診察をしております。機能性消化管疾患や炎症性腸疾患にも対応しており、生活習慣病の診察にも力を入れております。
困った事がありましたら何なりと受診して下さい。
よろしくお願いします。

リウマチ膠原病内科 部長
リウマチ膠原病センター センター長
吉田 周造

●出身大学:大阪医科大学
●日本リウマチ学会 専門医 指導医 登録ソノグラファー
●日本内科学会 認定内科医 総合内科専門医
●日本臨床免疫学会 所属
●日本臨床リウマチ学会 所属
●日本アフェレシス学会 所属

平成23(2011)年より、関節リウマチや全身性エリテマトーデスをはじめとした膠原病患者さんの診療をしております。平成30(2018)年からはリウマチ膠原病センターを開設し、リウマチ専門医(常勤医師3名)とリウマチ専門看護師、理学療法士を中心に患者さん一人一人に合った治療を行えるよう協力して診療しております。ひとえに関節炎といっても関節リウマチ以外にも関節炎を起こす病気はたくさんあります。当科では関節エコー検査を積極的に行い、病気の鑑別、病勢の正確な把握を行います。またCTやMRIなどその他の画像検査も揃っており、眼科、皮膚科、整形外科、泌尿器・透析科などの内科以外の科との連携を行っておりますので迅速に合併症の評価も可能です。入院での加療やリウマチ教育入院なども積極的に行っております。若い患者さんには安心して妊娠・出産ができるように女性医師がサポートを行う母性内科外来を併設しています。また膝や股関節の関節変形が強く移動が難しい患者さんやご高齢の患者さんを中心にお車での送迎をさせて頂いております。若年の患者さんからご高齢の患者さんまで、気軽に受診や相談をしていただけるように、また、様々な病態に迅速に対応できる医療機関として、皆さまのお役に立てればと思っております。

リウマチ膠原病内科 医長
リウマチ膠原病センター 副センター長
木村 侑子

●出身大学:大阪医科大学
●日本リウマチ学会 専門医 登録ソノグラファー
●日本内科学会 認定内科医
●日本臨床リウマチ学会 所属
●日本母性内科学会 所属

メッセージ
平成30(2018)年10月より、関節リウマチを代表とする膠原病を中心に診療しております。関節リウマチなどの膠原病は小児から高齢の方まであらゆる年齢で起こりえます。とくに、若い年齢で病気を発症した患者さんやそのご家族は、将来の家族計画について、妊娠に対する不安や疑問も同時に抱えていらっしゃると思います。

当リウマチ膠原病センターでは小児期や若年で病気を発症された患者さん、妊娠を契機に発症された患者さんにむけて、結婚・妊娠・出産・産後までを総合的にサポートする母性内科外来を開設しました。患者さんが無理なく、安全に妊娠・出産ができるように、病気とうまく付き合いながらの家族計画を立てていけるように、一緒に考え、寄り添う医療を目指しています。